プライシング : 消費者を魅了する「値ごろ感」の演出

青木淳 著

本書の目的は、バリュー(価値)と対価(価格)のバランスを取ること、単なる値決めならぬ本質的なプライシングの普及である。そのために、何を見て(観察して)、何を考える(洞察する)べきなのか、先人の知恵や経験をできる限り集めて、読者のプライシング技術が向上するようにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プライシングはここから始まる
  • 第2章 プライシングがなぜ必要なのか
  • 第3章 プライシングの基本を押さえる
  • 第4章 プライシングの成功ステップ
  • 第5章 プライシングの分析手法を理解する
  • 第6章 プライシングの将来を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プライシング : 消費者を魅了する「値ごろ感」の演出
著作者等 青木 淳
書名ヨミ プライシング : ショウヒシャ オ ミリョウスル ネゴロカン ノ エンシュツ
書名別名 Pricing

Puraishingu
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2003.9
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4478502196
NCID BA63466876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20473072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想