〈CCO(チーフカルチャーオフィサー)〉が会社を伸ばす!

関野吉記 著

CEOの次に偉いのは、誰なのだろうか?COO?CFO?それともCIOやCTOだろうか?海外には、チーフ・カルチャー・オフィサーという役職が生まれ始めている。企業理念や文化の責任者だ。そのCCOが伝えていくこれからの企業のあり方とは?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 無人島に、ブランドもののバッグを持っていく人はいない-会社にとって本当に必要なもの(美味しいモノをただ提供するだけでは会社は伸びません。それ以上の価値を見せる必要があります。
  • 商品に「ブランド」という付加価値をうまく乗せることができれば、お客様から選ばれる会社になるでしょう。
  • カッコいいデザインのロゴだけではお客様は来てくれません。会社を飛躍させるものはヒトが生み出します。 ほか)
  • 2 国歌は歌えるけれど、歌詞の意味はわからない-社員を巻き込む、本物の「企業理念」を作る(形だけの企業理念は誰の心にも残りません。社員を巻き込んで作る必要があります。
  • 時が流れれば社会も変わる。それなら、企業理念も時代に合わせて見つめ直すべきかもしれません。
  • 企業理念をちゃんと伝えたいならば、教育・研修とリンクさせるべきです。 ほか)
  • 3 自分勝手なラブレターは相手の心に届かない-会社が伸びるカルチャーブックを作る(経営者の独りよがりの考えをまとめるのではなく、社員を巻き込みながら作るのがカルチャーブックです。
  • カルチャーブックに入れるべきなのは、会社の数字ではなく熱い「思い」です。
  • カルチャーブックのあるべき姿は、みんなの心の拠り所となるような存在です。 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈CCO(チーフカルチャーオフィサー)〉が会社を伸ばす!
著作者等 関野 吉記
書名ヨミ チーフ カルチャー オフィサー ガ カイシャ オ ノバス : キギョウ ブランディング オ セイコウ サセル サンジュウナナ ノ ヒント
書名別名 〈CCO〉が会社を伸ばす!

企業ブランディングを成功させる37のヒント

Chifu karucha ofisa ga kaisha o nobasu
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2015.3
ページ数 186p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-02757-8
NCID BB19160295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22555861
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想