人を助けるすんごい仕組み

西條剛央 著

ボランティア経験なしの早稲田大学大学院(MBA)専任講師が、日本最大級の支援組織「ふんばろう東日本支援プロジェクト」をどうやってつくったのか?代表の著者がはじめて明かす、人を助ける仕組みと支援の舞台裏。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 絶望と希望のあいだ-南三陸町レポート
  • 第2章 「ふんばろう東日本」の拡大とインフラとしてのツイッター、ユーストリーム、フェイスブック
  • 第3章 「重機免許取得プロジェクト」-陸前高田市消防団と志津川高校避難所
  • 第4章 半壊地域の苦境と「家電プロジェクト」の立ち上げ
  • 第5章 「ほぼ日」と糸井重里-「西條剛央の、すんごいアイディア。」外伝
  • 第6章 多数のプロジェクトをどのように運営していったのか?
  • 第7章 「一戦必勝」を実現する組織づくりの秘訣
  • 第8章 ポスト3・11に向けた人を助ける仕組みと提言
  • おわりに 僕の声が君に届けば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人を助けるすんごい仕組み
著作者等 西條 剛央
書名ヨミ ヒト オ タスケル スンゴイ シクミ : ボランティア ケイケン ノ ナイ ボク ガ ニホン サイダイキュウ ノ シエン ソシキ オ ドウ ツクッタノカ
書名別名 ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか

Hito o tasukeru sungoi shikumi
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2012.2
ページ数 317p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-01797-5
NCID BB08357651
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22057588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想