脱貧困の経済学 : 日本はまだ変えられる

飯田泰之, 雨宮処凛 著

0%成長=2%失業、って?貧困を解消するロジカルシンキング。財源?捻出できますけど何か?ここまでひどくなった日本に効くのは「経済学っぽい考え方」なんです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 雨宮処凛から飯田泰之への質問「カネより人命を優先する社会を取り戻すために、経済学には何ができるのですか?」
  • 1章 働いても働いても食べられない!大貧困社会はどこからきたのか?
  • 2章 ほんとうの敵は「世間の常識」?
  • 3章 「経済成長はもういらない」でほんとうにいいのか?
  • 4章 生きさせろ!食べさせろ!「なんちゃってベーシック・インカム」を要求する!
  • 終章 飯田泰之から雨宮処凛への返答「経済学はプレカリアートを救うための、いちばん安くて便利なツールです」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱貧困の経済学 : 日本はまだ変えられる
著作者等 雨宮 処凛
飯田 泰之
書名ヨミ ダツ ヒンコン ノ ケイザイガク : ニホン ワ マダ カエラレル
出版元 自由国民社
刊行年月 2009.9
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-426-10461-0
NCID BA91124575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21648376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想