本州四国連絡橋のはなし : 長大橋を架ける

藤川寛之 著

世界で最も長い吊橋「明石海峡大橋」-その支間長1991m。想像を超えるスケールの「本州四国連絡橋」を実現させた技術とは?まさに最先端、世界に誇る長大橋建設のはなし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本四架橋のあゆみ
  • 第2章 橋の規模と種類
  • 第3章 長大吊橋の建設
  • 第4章 長大斜張橋の建設
  • 第5章 橋を守る
  • 第6章 世界に広がる本四連絡橋技術
  • 第7章 架橋効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本州四国連絡橋のはなし : 長大橋を架ける
著作者等 藤川 寛之
書名ヨミ ホンシュウ シコク レンラクキョウ ノ ハナシ : チョウダイキョウ オ カケル
書名別名 Honshu shikoku renrakukyo no hanashi
シリーズ名 交通ブックス 112
出版元 交通研究協会 : 成山堂書店
刊行年月 2002.8
ページ数 170, 6p
大きさ 19cm
ISBN 4425761111
NCID BA58327280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20322938
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想