三絃の誘惑 : 近代日本精神史覚え書

樋口覚 著

本書は、近代日本の個性的な文学者を中心にして、その特異かつ普遍的な音楽生活、特に日本音曲との接点を辿ろうとしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 堺と江戸に見る三味線音楽
  • 第1章 近世の音-正岡子規と中江兆民
  • 第2章 三絃の誘惑に抗して-木下杢太郎と林達夫
  • 第3章 旅宿の境界-荻生徂徠と近松門左衛門
  • 第4章 平民思想と俗曲-露伴・透谷・二葉亭
  • 第5章 谷崎潤一郎の『蓼喰ふ虫』-淡路島幻想行

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三絃の誘惑 : 近代日本精神史覚え書
著作者等 樋口 覚
書名ヨミ サンゲン ノ ユウワク
書名別名 Sangen no yuwaku
出版元 人文書院
刊行年月 1996.12
ページ数 334p
大きさ 20cm
ISBN 4409160761
NCID BN1573628X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97064495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想