市民と共存する経営 : 21世紀型企業への新視点

立石信雄 著

現在の日本企業はバブル後遺症の克服をめざしたリストラクチャリングに取り組んでいるが、そこで不可欠なのが、「企業の公器性」と「グローバル」という二つの視点からのアプローチである。本書は、以上に述べた認識のもとに、二十一世紀に向けての企業経営のあるべき姿を提言し、読者に検討の叩き台を提供することをめざしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカにおける企業と地域社会の関係
  • 第2章 アジア太平洋時代への道
  • 第3章 欧米の雇用事情に学ぶ
  • 第4章 21世紀へ向けて日本の課題
  • 補章 良き企業市民をめざすオムロンの経営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民と共存する経営 : 21世紀型企業への新視点
著作者等 立石 信雄
書名ヨミ シミン ト キョウソンスル ケイエイ
書名別名 Shimin to kyosonsuru keiei
出版元 実業之日本社
刊行年月 1996.6
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4408320595
NCID BA44006132
BN14664842
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96070434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想