筑紫君磐井の戦争 : 東アジアのなかの古代国家

山尾幸久 著

日本列島の六世紀、九州を舞台に何が起きたのか!豪族・磐井がヤマト王権と交戦したと伝えられる「磐井の乱」。その謎を克明な文献考証で解明、東アジアの激動をからめた新しい視点から古代国家形成への道をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今、なぜ、「磐井の乱」なのか
  • 第2章 文献の痕跡、探究の足跡
  • 第3章 王権の確立、種族の統合
  • 第4章 筑紫の王者、その権力のありさま
  • 第5章 東アジア、475年〜532年
  • 第6章 戦争と政変と南加羅滅亡、その年次の問題
  • 第7章 戦争の事実、そののちに来たもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 筑紫君磐井の戦争 : 東アジアのなかの古代国家
著作者等 山尾 幸久
書名ヨミ ツクシノキミ イワイ ノ センソウ : ヒガシアジア ノ ナカ ノ コダイ コッカ
出版元 新日本出版社
刊行年月 1999.11
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4406026932
NCID BA44641877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20049251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想