武田勝頼

柴辻俊六 著

信玄亡きあと十年に及ぶ領国経営と家信団組織の実態を検証する。良質の資料で描く武田勝頼の生涯と事績。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 武田氏と勝頼の系譜(出生と親族
  • 諏訪氏継承と高遠城主)
  • 第2章 武田家相続と長篠の戦(家督相続と継目の安堵
  • 長篠戦の敗北と父の葬儀)
  • 第3章 家臣団と領国経営(家臣団編成と軍役
  • 領国経営と内政の破綻)
  • 第4章 外交策と領国の衰亡(甲越同盟と外交策の転換
  • 領国の衰亡と新府城移転)
  • 最終章 武田家滅亡の軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武田勝頼
著作者等 柴辻 俊六
書名ヨミ タケダ カツヨリ
書名別名 Takeda katsuyori
出版元 新人物往来社
刊行年月 2003.12
ページ数 256p
大きさ 20cm
ISBN 4404031718
NCID BA66545527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20553028
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想