東寺の謎 : 巨大伽藍に秘められた空海の意図

三浦俊良 著

1994年、世界遺産に指定された京都・東寺。炎上の歴史をもつ五重塔、講堂の立体曼茶羅、戦乱の矢傷を残す不開門…伽藍と宝物に記された謎を読み解くことで、弘法大師・空海の現代人へのメッセージが今、明らかに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 唯一残る平安京の遺構
  • 第1章 東寺は密教を映しだす巨大な装置だった(密教寺院とはどういうものか
  • 空海はなぜ僧の道を選んだのか ほか)
  • 第2章 国宝には国宝級の謎がある(五重塔はどうして倒れないのか
  • 「仏の顔も三度まで」は本当だった ほか)
  • 第3章 ドラマを生んだ三つの門(千二百年前に開かれた教育の門
  • 不動明王が涙をながした蓮花門 ほか)
  • 第4章 そのとき滅亡してもおかしくなかった(そして西寺は滅亡した
  • 東寺炎上 ほか)
  • 終章 わたしの歩いてきた道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東寺の謎 : 巨大伽藍に秘められた空海の意図
著作者等 三浦 俊良
書名ヨミ トウジ ノ ナゾ : キョダイ ガラン ニ ヒメラレタ クウカイ ノ イト
書名別名 Toji no nazo
シリーズ名 祥伝社黄金文庫
出版元 祥伝社
刊行年月 2001.4
ページ数 364p
大きさ 16cm
ISBN 4396312490
NCID BA52238938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想