昆虫おもしろブック : 驚き!!ムシたちのとんでもない生き方

矢島稔, 松本零士 著

小さい頃、バッタを採ると口から出す汁が指について、とても臭い思いをしたり、アゲハの幼虫をつつくと黄色い角を出すのをおもしろがったりした経験をもつ人は、そういう形で虫や自然を知り、結局、人間の存在まで考えるようになった。昆虫はじかに触れないと、何も教えてくれない。つまり『昆虫記』がおもしろいのはファーブルが自分で観たり、ためしたりしたことを読んで、自分もそこで擬似体験をしているからである。本書は少し内容をおもしろくし、漫画家の松本零士が人間くさい絵を描いた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 チョウ
  • 2 カブトムシ
  • 3 バッタ
  • 4 アリ
  • 5 トンボ
  • 6 スズムシ
  • 7 セミ
  • 8 ハチ
  • 9 ホタル
  • 10 カマキリ
  • 11 ゲンゴロウ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昆虫おもしろブック : 驚き!!ムシたちのとんでもない生き方
著作者等 松本 零士
矢島 稔
書名ヨミ コンチュウ オモシロ ブック : オドロキ ムシタチ ノ トンデモナイ イキカタ
書名別名 Konchu omoshiro bukku
シリーズ名 Today books
出版元 主婦と生活社
刊行年月 1997.7
ページ数 243p
大きさ 16cm
ISBN 4391120496
NCID BA32328426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98017426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想