探偵小説の「謎」

江戸川乱歩 著

近代日本探偵小説の基礎を築いた巨匠、江戸川乱歩が、古今東西の作品からトリックを抽出して分類したのが「類別トリック集成」であり、世界的に貴重な業績となっている。本書は、その部分部分をわかりやすく詳細に述べることで、謎解き・推理の面白さを倍加する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 奇矯な着想
  • 意外な犯人
  • 兇器としての氷
  • 異様な兇器
  • 密室トリック
  • 隠し方のトリック
  • プロバビリティーの犯罪
  • 顔のない死体
  • 変身願望
  • 異様な犯罪動機〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探偵小説の「謎」
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ タンテイ ショウセツ ノ ナゾ
書名別名 Tantei shosetsu no nazo
シリーズ名 現代教養文庫
出版元 社会思想社
刊行年月 1999.4
版表示 新版.
ページ数 237p
大きさ 15cm
ISBN 4390116223
NCID BA41310068
BA86748447
BN05674324
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99084668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想