鶴屋南北綯交ぜの世界

森山重雄 著

狂言作者鶴屋南北のテクストを探究するキーが歌舞伎脚本用語「綯交ぜ」。江戸の世に流通する事件・イメージ・観念を再構成し、自家薬篭中のものにする南北。江戸の諸事象と各作品の相互連関性を分析する森山国文学の精華、1000枚大作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 彩入御伽草-小幡小平次の系譜
  • 皿屋敷の系譜と『彩入御伽草』
  • 絵本合法衢
  • 亀山仇討物の系譜と南北劇
  • 隅田川・桜姫清玄物の系譜と南北劇
  • 忠臣蔵と南北劇
  • 独道中五十三駅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鶴屋南北綯交ぜの世界
著作者等 森山 重雄
書名ヨミ ツルヤ ナンボク ナイマゼ ノ セカイ
書名別名 Tsuruya nanboku naimaze no sekai
出版元 三一書房
刊行年月 1993.8
ページ数 376p
大きさ 22cm
ISBN 4380932532
NCID BN09624099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93064743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想