武家文化と同朋衆 : 生活文化史論

村井康彦 著

[目次]

  • 序論(天文文化論
  • 二つの「一座建立」)
  • 第1部 武家文化の構造(北山殿の唐物数奇
  • 東山殿の芸術生活
  • 同朋衆と阿弥衆
  • 武家文化と同朋衆)
  • 第2部 座敷飾の世界(芸能空間としての書院
  • 座敷飾の成立
  • 『君台観左右帳記』と『御飾書』)
  • 第3部 芸道論の成立(武家と遊楽
  • 伝書の時代
  • 中世芸道の成立と伝授)
  • 第4部 生活の美意識(初期の京焼
  • 京料理と生活文化
  • 蓮月尼)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武家文化と同朋衆 : 生活文化史論
著作者等 村井 康彦
書名ヨミ ブケ ブンカ ト ドウボウシュウ
書名別名 Buke bunka to doboshu
出版元 三一書房
刊行年月 1991.1
ページ数 354p
大きさ 20cm
ISBN 4380912035
NCID BN06094330
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91023338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想