思考するカンパニー : 欲望の大量生産から利他的モデルへ

熊野英介 著

会社って何だ?働くって何だ?未来って何だ?さぁ、価値をさがす旅に出よう-総合環境ソリューション・カンパニーのトップが語る関係と信頼をめぐる冒険。持続可能社会の実現に必要なのは、「孤独」からの脱出。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 価値を生み出す冒険-事業の意義とは何か
  • 2 今の世界の始まり-なぜ地球は危機的状況なのか
  • 3 人類に突きつけられた「孤独」-弱いからこそ利他的になれる
  • 4 「利他」という価値を事業化するために-関係性を体現する文化の影響
  • 5 「物」づくりから「価値」づくりへ-人の価値の復活を目指す
  • 6 持続可能社会をデザインする-行動するカンパニー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思考するカンパニー : 欲望の大量生産から利他的モデルへ
著作者等 熊野 英介
書名ヨミ シコウスル カンパニー : ヨクボウ ノ タイリョウ セイサン カラ リタテキ モデル エ
書名別名 New company design

Shikosuru kanpani
出版元 幻冬舎メディアコンサルティング : 幻冬舎
刊行年月 2008.2
ページ数 194p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-99611-3
NCID BA85754273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21465355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想