平成政治20年史

平野貞夫 著

とうとう日本が追従するアメリカの金融資本主義が破綻した。振り返れば、平成の20年とは、政治改革と日本改造を唱えながらも、私利私欲に走る政治家の足の引っ張り合いの連続だった。結果、アメリカにつけ入られ迎合する政策が続き、そのしわ寄せが国民に押し付けられた。新党が結成されては潰れ、14人もの総理が入れ替わり立ち替わり、今や日本は瀕死の状態だ。いったいわが国の未来はどうなるのか。この先10年を読み解くための、平成20年史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自社五五年体制の終焉
  • 第2章 非自民連立政権の樹立と崩壊
  • 第3章 自社さ連立政権と政治の劣化
  • 第4章 自社さ連立政権の失政と保保連合
  • 第5章 自公連立政権の亡国政治
  • 第6章 政権投げ出しの異常政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平成政治20年史
著作者等 平野 貞夫
書名ヨミ ヘイセイ セイジ 20ネンシ
書名別名 Heisei seiji 20nenshi
シリーズ名 幻冬舎新書
出版元 幻冬舎
刊行年月 2008.11
ページ数 307p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98104-1
NCID BA88216358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21807626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想