平成宗教20年史

島田裕巳 著

平成元年、週刊誌が坂本弁護士事件を報道して糾弾を開始しオウム真理教はにわかに注目を集める。その後オウムは一連の騒動を起こし、その間、幸福の科学も台頭、宗教は社会の重大な関心事となり、ついに平成7年、地下鉄サリン事件を迎える。一方、平成5年、万年野党だった公明党が連立政権に参加、11年以後、与党として君臨し、ついに日本は新宗教団体が政治権力を行使する国となった-。オウム、創価学会以外にもさまざまな新宗教やスピリチュアル・ブームに沸いた現代日本人の宗教観をあぶり出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昭和63年(1988年)自粛騒動と時代の転換
  • 平成元年(1989年)バブルの頂点とオウム真理教
  • 平成2年(1990年)オウムの選挙と変わる創価学会
  • 平成3年(1991年)幸福の科学の台頭と散骨の容認
  • 平成4年(1992年)オウムのロシア進出と合同結婚式
  • 平成5年(1993年)集団自殺とマインド・コントロール
  • 平成6年(1994年)サイババ・ブームと政治問題化する創価学会
  • 平成7年(1995年)地下鉄サリンと私へのバッシング
  • 平成8年(1996年)麻原初公判と宗教法人法改正
  • 平成9年(1997年)破防法の棄却と酒鬼薔薇事件〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平成宗教20年史
著作者等 島田 裕巳
書名ヨミ ヘイセイ シュウキョウ 20ネンシ
書名別名 Heisei shukyo 20nenshi
シリーズ名 幻冬舎新書
出版元 幻冬舎
刊行年月 2008.11
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98103-4
NCID BA8821653X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21586071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想