自民と民主がなくなる日 : 永田町2010年

歳川隆雄 著

天下分け目の衆院選後、民主党政権が誕生しても、一瞬で終わる。民主と自民の議席数が拮抗し、互いに相手の党に手をつっこみ大混乱、大連立の亡霊も現れ、結果、政界再編は必定となる。ならば両党はどのように割れ、誰と誰が手を結ぶのか?小沢が政権を獲っても短命に終わる理由。その時、麻生、与謝野の動きは?小池に首相の目はあるのか?政・官・マスコミのインサイド情報をもとに、再編後を大胆予測。策略渦巻く政界の実態が明らかに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 麻生政権誕生の裏側(すべては麻生に託された
  • 福田の様子が「おかしくなった」日 ほか)
  • 第2章 暗躍するフィクサー(自民党迷走の始まり
  • 安倍・麻生VS.森・青木・中川 ほか)
  • 第3章 分岐点-福田VS.小沢(大連立失敗後の2人の党首
  • 与党への逆風 ほか)
  • 第4章 派閥の論理(与謝野馨VS.中川秀直
  • 財政再建をめぐる応酬 ほか)
  • 第5章 政界再編のシナリオ(アメリカの金融危機で崩れた早期解散のシナリオ
  • くすぶる公明党「矢野問題」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自民と民主がなくなる日 : 永田町2010年
著作者等 歳川 隆雄
書名ヨミ ジミン ト ミンシュ ガ ナクナル ヒ : ナガタチョウ 2010ネン
書名別名 Jimin to minshu ga nakunaru hi
シリーズ名 幻冬舎新書
出版元 幻冬舎
刊行年月 2008.11
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98098-3
NCID BA88574176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21586067
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想