自由と民主主義をもうやめる

佐伯啓思 著

アメリカの金融破錠は、自由と民主主義の名の下に個人の飽くなき欲望を肯定し、グローバル化を強引に主導してきたアメリカ的価値の破錠でもあった。それに追随し、経済だけでなく政治、人心のあらゆる局面で崩壊の危機に瀕する日本。もはやアメリカとの決別なくして再生はありえない。今こそ、「私」ではなく「義」を、「覇権」ではなく「和」を是とする日本的価値を、精神の核に据え直すときなのだ。今日の危機に早くから警告を発してきた思想家があらためて問う「保守」という生き方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 保守に託された最後の希望(簡単だった対立の構図
  • 現状維持の「左翼」、変革を唱える「保守」 ほか)
  • 第2章 自由は普遍の価値ではない(ある古い旅館の光景
  • 全共闘の平和主義と暴力主義 ほか)
  • 第3章 成熟の果てのニヒリズム(ニーチェととの出会い
  • 道徳・正義の裏に潜む権力欲 ほか)
  • 第4章 漂流する日本的価値(世界金融危機の根本原因は過剰資本
  • アメリカの北部型経済と南部型経済 ほか)
  • 第5章 日本を愛して生きるということ(なぜ今「愛国心」なのか
  • 「愛国心」をめぐる諸概念 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由と民主主義をもうやめる
著作者等 佐伯 啓思
書名ヨミ ジユウ ト ミンシュ シュギ オ モウ ヤメル
書名別名 Jiyu to minshu shugi o mo yameru
シリーズ名 幻冬舎新書
出版元 幻冬舎
刊行年月 2008.11
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98097-6
NCID BA88679458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21586060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想