わたしたち消費 : カーニヴァル化する社会の巨大ビジネス

鈴木謙介, 電通消費者研究センター 著

ラブandベリー、『赤い糸』、初音ミク…これらは異例のヒットを記録するゲームやケータイ小説、ソフトウェアの名前である。一般的知名度は低いが、小学生や女子高生、ネットユーザーなど一部の間で大流行している。なぜこうした局所的なカーニヴァルが近年ミリオンセラーを生み出すのか。「わたし」が欲しいものを追及した「わたしたち」がつながり、盛り上がり、生まれる「わたしたち消費」は、まさにウェブ時代の新ビジネスを拓く現象といえるのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「それって人気なの?」-姿の見えないヒット商品(「脳トレ」に匹敵する人気ゲームたち
  • 日本の人口を超えるヒット、カードゲーム ほか)
  • 第2章 「みんな」から「わたし」へ(「みんな」意識はどこから来たか
  • 「大衆の消滅」と「感性の時代」 ほか)
  • 第3章 わたしたち消費の時代(ネタ的コミュニケーションから生まれる市場
  • 共同体から共同性へ)
  • 第4章 わたしたち消費のマネジメント(共同性のサイクル
  • 感染を拡大する ほか)
  • 第5章 わたしたち消費のさらなる拡大メカニズム(共感力と発信力に優れたわたしたち拡大層
  • 共振する社会の消費の行方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わたしたち消費 : カーニヴァル化する社会の巨大ビジネス
著作者等 鈴木 謙介
電通
電通消費者研究センター
書名ヨミ ワタシタチ ショウヒ : カーニヴァルカスル シャカイ ノ キョダイ ビジネス
書名別名 Watashitachi shohi
シリーズ名 幻冬舎新書
出版元 幻冬舎
刊行年月 2007.11
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98061-7
NCID BA84071468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21416468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想