戦国軍師入門

榎本秋 著

軍学の知識を駆使して巧みな作戦を立案。戦場では主君を補佐して兵を差配し、不利な形勢を逆転する。そんな「戦争のプロ」のイメージが強い戦国軍師だが、彼らの仕事はそれだけではない。ときに大名のエージェントとして折衝の表舞台に立ち、ときに主家存続のために自らM&Aを仕掛ける。「戦わずにして勝つ」ことこそ彼らの最大任務だったのだ-時代を画した一四の合戦と一六人の軍師像の新解釈から描き出す、新しい戦国一〇〇年史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦国軍師とは何者か(絶対的権力者ではなかった戦国大名
  • 戦国大名以外の勢力
  • 「合戦」の知られざる実態 ほか)
  • 第2部 勝敗を分けた軍師の決断(安祥城の戦い-軍師僧・太原雪斎の交渉術
  • 九頭竜川大会戦-三十倍の勢力差を逆転
  • 厳島の合戦-策謀の限りを尽くした天才・毛利元就 ほか)
  • 第3部 名軍師、その生涯と運命(太原雪斎-家康にも影響を与えた、今川家の軍師僧
  • 山本勘助-すべてが謎に満ちたオカルト軍師
  • 真田幸隆-謀略に長けた「攻め弾正」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦国軍師入門
著作者等 榎本 秋
書名ヨミ センゴク グンシ ニュウモン
書名別名 Sengoku gunshi nyumon
シリーズ名 幻冬舎新書
出版元 幻冬舎
刊行年月 2007.3
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98026-6
NCID BA82009474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21345092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想