おかげさまで生きる

矢作直樹 著

死を心配する必要はない。救急医療の第一線で命と向き合い、たどりついた、「人はなぜ生きるのか」の答え。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 見えないものに意味がある(一〇分の間にある生と死の境
  • 一〇〇〇メートルの滑落事故で聞いた声 ほか)
  • 第2章 答えは出すものでなく出るもの(急ぐことはない、焦ることもない
  • しかたがないことはしかたがない ほか)
  • 第3章 欲しがるのをやめる(課題は解決しないと追いかけてくる
  • 立場をわきまえると信頼を勝ち取れる ほか)
  • 第4章 評価は誰かの思い込みにすぎない(「あなたはがんです」と伝えるのは思いやりか
  • 蒔いた種は自分で刈り取る ほか)
  • 第5章 人は魂でつながっている(命のリレーが歴史をつむいでいる
  • 江戸人が使った「死んだら御免」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 おかげさまで生きる
著作者等 矢作 直樹
書名ヨミ オカゲサマ デ イキル
出版元 幻冬舎
刊行年月 2014.6
ページ数 175p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-02595-0
NCID BB16160583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22435496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想