松本清張あらかると

阿刀田高 著

アリバイ崩し、動機の追求、伏線の張り方、タイトルのつけ方…。熱烈なファンを自任する著者が、実作者としての視点から、創作の裏側とともに、数多くの名作を残した巨匠の「謎」を解き明かしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アリバイ崩し-『点と線』『火と汐』
  • 講談風の手法-『眼の壁』
  • 動機の追求-『ゼロの焦点』
  • 短篇と長篇-『火の縄』『小説日本芸譚』
  • 伏線の張りかた-『歪んだ複写』
  • 清張のように推理すれば-『霧の旗』
  • 冒頭とエンディング-『球形の荒野』
  • 和布刈神社で-『時間の習俗』『馬を売る女』
  • 美女優遇制度-『ガラスの城』
  • フィクションの選択-『屈折回路』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松本清張あらかると
著作者等 阿刀田 高
書名ヨミ マツモト セイチョウ アラカルト
書名別名 Matsumoto seicho arakaruto
シリーズ名 光文社知恵の森文庫
出版元 光文社
刊行年月 2008.6
ページ数 466p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-78507-9
全国書誌番号
21442598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想