断筆宣言への軌跡

筒井康隆 著

くたばれ良識。「清く、正しく、美しく」の世論を糺す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 美濃部東京都知事の家に屑篭はあるか?
  • 大日本悪人党を待望する
  • 差別語について
  • 冷たい鼻の駱駝
  • 昔むかし、作家は悪かった
  • 差別意識と市民的日常性
  • 文明すべて異常心理の産物
  • おれが禁煙したら人を殺しかねない
  • 倫理は堕ちた人でないとわからない
  • タブーの多い社会ほど原始社会である
  • 国語の先生にモノ申す
  • おれもやりたい老年非行
  • 世論の胡散臭さ
  • ピューリタンと化したオバタリアン
  • 明るく清潔な文壇業界に棲む魚
  • 異端の排除は個性の排除
  • 安吾そして文学者にとっての「悪」
  • 文芸家協会は職能集団か
  • ボランティアの過剰な自負
  • フェミニズムと言葉狩り
  • 追悼-中上健次
  • 日本てんかん協会に関する覚書
  • 断筆宣言〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 断筆宣言への軌跡
著作者等 筒井 康隆
書名ヨミ ダンピツ センゲン エノ キセキ
書名別名 Danpitsu sengen eno kiseki
シリーズ名 カッパ・ホームス
出版元 光文社
刊行年月 1993.10
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 4334052096
NCID BN09851181
BN12769544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94010056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想