「お金」って、何だろう?

山形浩生, 岡田斗司夫FREEex 著

「お金」なんてやめちゃったほうが、社会はうまく回るんじゃないか-?「日銀の存在は憲法違反?」「金利はどうやって決められている?」「通貨を発行する権利があるのは、なぜ国家だけなのか?」「経済政策の7割はムダ!?」「お金がなくても生活レベルは上げられる?」現代の貨幣経済社会に懐疑的な岡田斗司夫と、途上国の経済援助にも携わる評論家・山形浩生。二人の対話を通して、「お金の本質」をわかりやすく解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 どうして僕らは「円」を使うのか?
  • 第2章 政府や銀行のお仕事
  • 第3章 「評価」は「貨幣」の代わりに使えるか?
  • 第4章 評価経済が本当に回るか実験してみる
  • 第5章 格差の本質
  • 第6章 自由時間経済学への序曲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「お金」って、何だろう?
著作者等 山形 浩生
岡田 斗司夫
岡田 斗司夫FREEex
書名ヨミ オカネ ッテ ナンダロウ : ボクラ ワ イツマデ エン オ ツカイツズケル ノカ
書名別名 僕らはいつまで「円」を使い続けるのか?

Okane tte nandaro
シリーズ名 光文社新書 723
出版元 光文社
刊行年月 2014.11
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03826-7
NCID BB17138353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22502118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想