サイドバック進化論

名良橋晃 著

本書は、鹿島アントラーズで活躍し、W杯フランス大会にも出場した"元祖"攻撃的ディフェンダーの著者が、サイドバツクの果たす役割から魅力までを存分に綴ったサッカーの見方が変わる画期的なテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 サイドバックがサッカーを変える
  • 第1章 サイドバックとはどんなポジションか?
  • 第2章 サイドバックに求められる資質
  • 第3章 日本サッカーにおけるサイドバック
  • 第4章 名良橋が選ぶ世界のサイドバックTOP10
  • 第5章 ブラジルを目指す若きサイドバックたち
  • 特別対談 "世界最高のサイドバック"ジョルジーニョ氏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイドバック進化論
著作者等 名良橋 晃
書名ヨミ サイド バック シンカロン
書名別名 Saido bakku shinkaron
シリーズ名 光文社新書 648
出版元 光文社
刊行年月 2013.6
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03751-2
NCID BB12767726
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22267835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想