日本人はこれから何を買うのか? : 「超おひとりさま社会」の消費と行動

三浦展 著

2035年、「一人暮らし世帯」が1846万世帯となる。逆に、かつて主流だった「夫婦と子ども世帯」は1153万世帯に減る。平均的だと思っていた日本の家族像がもはや過去のものになりつつあるのだ。また、「一人暮らし」というと、未婚の若者といったイメージが強かったが、今後20代、30代の一人暮らしは減り、代わりに高齢者のおひとりさまが急増する。「超おひとりさま社会」になることを前提に、社会全体を見直さなくてはならない。個人化・孤立化が進む中、ライフスタイルはどう変わっていくのか。モノを買わない時代、人々は何を求めているのか。キーワードは「シェア」と「共費」。さまざまな地域や企業の取り組みを紹介しつつ、日本社会のゆくえを予測する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 老若男女すべて「おひとりさま」(2035年、主流はおひとりさま
  • 中高年のおひとりさまが増える ほか)
  • 第2章 おひとりさま消費の現状(シニア男性(60歳以上)
  • シニア女性(60歳以上) ほか)
  • 第3章 おひとりさまは何が欲しいのか(おひとりさま社会は生活全体に「ケア」が必要
  • 高齢男性も今後はコンビニ、外食に依存か? ほか)
  • 第4章 コミュニティという商品を買う時代(買い物難民の増加
  • 通信販売か宅配か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人はこれから何を買うのか? : 「超おひとりさま社会」の消費と行動
著作者等 三浦 展
書名ヨミ ニホンジン ワ コレカラ ナニ オ カウ ノカ : チョウオヒトリサマ シャカイ ノ ショウヒ ト コウドウ
書名別名 Nihonjin wa korekara nani o kau noka
シリーズ名 光文社新書 637
出版元 光文社
刊行年月 2013.4
ページ数 203p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03740-6
NCID BB1221041X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22236466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想