検証財務省の近現代史 : 政治との闘い150年を読む

倉山満 著

最強官庁は何を考え、この国をどこに導こうとしているのか。気鋭の憲政史家が大蔵省・財務省の歴史にメスを入れ、百五十年の伝統を検証しながら、知られざる政治との関係、「増税の空気」の形成過程を描き出し、日本再生への道を綴った本邦初の試みとなる意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大蔵省の誕生-財政の専門家とキャリア官僚制の起源(1873‐1923)
  • 第2章 日本の最強官庁へ-守護神・井上準之助の登場(1924‐1931)
  • 第3章 パンドラの箱-大蔵省史観の「異物」(1932‐1945)
  • 第4章 占領と復興-知力を尽くした戦いの歴史(1945‐1955)
  • 第5章 復興から高度経済成長へ-池田勇人のグランドデサイン(1955‐1965)
  • 第6章 三角大福、赤字国債、消費税-「無敵」大蔵省に忍び寄る悪夢(1965‐1982)
  • 第7章 失われた十年-政治家に振り回される大蔵省(1982‐1996)
  • 第8章 平成と未来の日本-財務省は「伝統」に目覚めるか(1997‐2011)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検証財務省の近現代史 : 政治との闘い150年を読む
著作者等 倉山 満
書名ヨミ ケンショウ ザイムショウ ノ キンゲンダイシ : セイジ トノ タタカイ 150ネン オ ヨム
シリーズ名 光文社新書 571
出版元 光文社
刊行年月 2012.3
ページ数 276p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03674-4
NCID BB08734621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22070135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想