街場のメディア論

内田樹 著

テレビ視聴率の低下、新聞部数の激減、出版の不調-、未曾有の危機の原因はどこにあるのか?「贈与と返礼」の人類学的地平からメディアの社会的存在意義を探り、危機の本質を見極める。内田樹が贈る、マニュアルのない未来を生き抜くすべての人に必要な「知」のレッスン。神戸女学院大学の人気講義を書籍化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 キャリアは他人のためのもの
  • 第2講 マスメディアの嘘と演技
  • 第3講 メディアと「クレイマー」
  • 第4講 「正義」の暴走
  • 第5講 メディアと「変えないほうがよいもの」
  • 第6講 読者はどこにいるのか
  • 第7講 贈与経済と読書
  • 第8講 わけのわからない未来へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 街場のメディア論
著作者等 内田 樹
書名ヨミ マチバ ノ メディア ロン
書名別名 Machiba no media ron
シリーズ名 光文社新書 474
出版元 光文社
刊行年月 2010.8
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03577-8
NCID BB02980625
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21814210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想