日本の大問題が面白いほど解ける本 : シンプル・ロジカルに考える

高橋洋一 著

景気対策、年金、社会保障、税制、地方自治…さまざまな問題について解説した一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まえがき 公共事業、やめるべきか続けるべきか、それが問題だ-「八ッ場ダム」を例に
  • 第1章 民主党の政策の大問題(高速道路無料化が天下の愚策のわけ
  • 民主党の政策、「財源不足」じゃないの? ほか)
  • 第2章 社会保障制度の大問題(年金は積立方式にすればいいんじゃないの?
  • 話題の「負の所得税」とは何ですか? ほか)
  • 第3章 税の大問題(法人税ゼロは大企業優遇じゃないの?
  • 話題の「寄付控除」って何? ほか)
  • 第4章 地方分権の大問題(地方分権って、一体どういう意味があるの?
  • 地方分権はいいけど、財源はどうするの?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の大問題が面白いほど解ける本 : シンプル・ロジカルに考える
著作者等 高橋 洋一
書名ヨミ ニホン ノ ダイモンダイ ガ オモシロイホド トケル ホン : シンプル ロジカル ニ カンガエル
書名別名 Nihon no daimondai ga omoshiroihodo tokeru hon
シリーズ名 光文社新書 459
出版元 光文社
刊行年月 2010.5
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03562-4
NCID BB02021691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21767254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想