翔んでる警視正  新世紀篇 2 (無い筈の殺人)

胡桃沢耕史 著

警視庁捜査一課の筆頭管理官・岩崎白昼夢は人間コンピューターと目され、その頭脳の冴えと推理力は他の追随を許さない。その彼のもとへ、アパレル物産商事の重役たちが次々と自殺を強要されているとの訴えが入った。自殺者の保険金はどうやら会社の欠損に埋められているらしい。さっそく捜査に乗り出した岩崎だが、すでに社長は病院で息を引きとったあとだった。はたして病死か自殺かそれとも…。あらゆる迷路をものともせず、鋭い眼力で真実をつきとめる翔んでる警視正の縦横無尽の大活躍。大好評新世紀篇の第2弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翔んでる警視正
著作者等 胡桃沢 耕史
書名ヨミ トンデル ケイシセイ
書名別名 無い筈の殺人

Tonderu keishisei
シリーズ名 Kosaido blue books
巻冊次 新世紀篇 2 (無い筈の殺人)
出版元 広済堂
刊行年月 1994.3
ページ数 279p
大きさ 18cm
ISBN 4331056007
全国書誌番号
94037141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想