ゼロ戦から夢の超特急 : 小田急SE車世界新記録誕生秘話

青田孝 著

1957(昭和32)年、新たに製作された小田急ロマンスカーSE車が、狭軌鉄道では当時の世界記録である時速145キロを達成した。その製作には旧国鉄・鉄道技術研究所の全面支援があったが、実は、そこには戦前のゼロ戦に代表される世界最先端の航空機製造技術が関わっていた。そして、SE車の成功は、国鉄初の電車特急「こだま」を経て、世界に誇る今日の新幹線へと受け継がれていった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 昼下がりの世界新記録(口癖は「経営効率」)
  • 第1章 鉄路に花開く軍の技(優秀な技術者が一堂に
  • 重荷を負う者、われに来れ ほか)
  • 第2章 東京〜大阪3時間(庶民の家庭も「電化、電化」
  • 「この列車を作らねば、鉄道に未来はない」 ほか)
  • 第3章 身の軽い私鉄(創業者に見る先見性
  • ノンストップ特急 ほか)
  • 終章 曲げられた本線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゼロ戦から夢の超特急 : 小田急SE車世界新記録誕生秘話
著作者等 青田 孝
書名ヨミ ゼロセン カラ ユメ ノ チョウトッキュウ : オダキュウ SEシャ セカイ シンキロク タンジョウ ヒワ
書名別名 Zerosen kara yume no chotokkyu
シリーズ名 交通新聞社新書 008
出版元 交通新聞社
刊行年月 2009.10
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-330-10509-3
NCID BB00195181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21727448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想