すしのひみつ

日比野光敏 著

握りずしを発案したのはだれ?1200年以上の昔から、すしは改革に改革が重ねられ原形からは想像もつかないものに変化した。それが現在の握りずし。多くの人々が関わった、すしのひみつを探っていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 すしのはじまり すしってなあに?奈良・平安・鎌倉・室町時代(すしは日本生まれじゃなかった!?
  • 古代のすしってどんなの?えっ、すしのご飯は捨てちゃうの? ほか)
  • 第2章 すしの大改革がはじまった江戸時代1(「まちゃれずし」と「おじゃれずし」
  • 幕府に献上されるすし ほか)
  • 第3章 ついに握りずしが登場!!江戸時代2(第三の改革 手で握っちゃえ!!握りずしの登場 発案者はだれ?
  • 他にもある握りずしの発案者の説 ほか)
  • 第4章 握りずしが全国に広がった!明治・大正時代(「握りずし」と「江戸前ずし」は本当は別のもの!?
  • 江戸の郷土料理が日本中に広がったわけは悲惨な出来事 ほか)
  • 第5章 戦後商魂たくましく進む握りずし昭和・平成時代(委託加工制度 えっ、すし屋は加工業!?
  • 高度経済成長で変化するすし ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すしのひみつ
著作者等 日比野 光敏
書名ヨミ スシ ノ ヒミツ
出版元 金の星社
刊行年月 2015.7
ページ数 173p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-323-07332-3
NCID BB19161924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22605393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想