図説日中戦争

太平洋戦争研究会 編 ; 森山康平 著

なぜ、起こったのか。なぜ、2959日も戦ったのか。日本が兵力300万を派遣し、大陸全域を戦場にして中国と戦った八年-。その原因・主な戦闘の実態をいま解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日中戦争はなぜ起こったのか
  • 第1章 廬溝橋事件から全面戦争へ
  • 第2章 上海事変と戦線の拡大
  • 第3章 日本軍、「北支五省」を席巻
  • 第4章 南京を攻略
  • 第5章 徐州作戦、隴海線沿線を占領
  • 第6章 武漢攻略と広東攻略
  • 第7章 長期持久戦略と占領地の拡大
  • 第8章 1940年の戦い
  • 第9章 1941年の戦い
  • 第10章 太平洋戦争下の日中戦争

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説日中戦争
著作者等 太平洋戦争研究会
森山 康平
書名ヨミ ズセツ ニッチュウ センソウ
書名別名 Zusetsu nicchu senso
シリーズ名 ふくろうの本
出版元 河出書房新社
刊行年月 2000.1
ページ数 175p
大きさ 22cm
ISBN 4309726291
NCID BA45571245
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20033292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想