世界文学全集  1-3

池澤夏樹 個人編集

優秀な外科医トマーシュは女性にもてもて。しかし最初の妻と別れて以来、女性に対して恐怖と欲望という相反する感情を抱いている。彼は二つの感情と折り合いをつけ、複数の愛人とうまく付き合うための方法を編み出し、愛人たちとの関係をエロス的友情と呼んで楽しんでいた。そんな彼のもとにある日、たまたま田舎町で知り合った娘テレザが訪ねてくる。『アンナ・カレーニナ』の分厚い本を手にして。その時から彼は、人生の大きな選択を迫られることとなる-「プラハの春」賛同者への残忍な粛正、追放、迫害、「正常化」という名の大弾圧の時代を背景にした4人の男女の愛と受難の物語は、フランス亡命中に発表されるや全世界に大きな衝撃を与えた。今回の翻訳は、クンデラ自身が徹底的に手を入れ改訳を加えて、真正テクストと認めるフランス語版からの新訳決定版である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界文学全集
著作者等 Kundera, Milan
池沢 夏樹
西永 良成
池澤 夏樹
クンデラ ミラン
書名ヨミ セカイ ブンガク ゼンシュウ
書名別名 L'insoutenable legerete de l'etre

存在の耐えられない軽さ

Sekai bungaku zenshu
巻冊次 1-3
出版元 河出書房新社
刊行年月 2008.2
ページ数 386, 4p
大きさ 20cm
付随資料 1枚.
ISBN 978-4-309-70943-7
NCID BA8480139X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21370289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
存在の耐えられない軽さ ミラン・クンデラ, 西永 良成
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想