SM博物館

蘭光生 著

膨大なSM小説を渉猟し、猿ぐつわ、鞭、浣腸、繩、縛りなど、道具や手段の面から分類、SMの世界を豊かな好奇心と洒脱な語り口で考察していく、画期的な名著。用例として、伝説の雑誌『奇譚クラブ』や『裏窓』の誌面を飾った「内容的にもっともコクのある時代」の作品を中心に、名場面を大量に収録。博覧強記で知られた著者が、のちに官能小説の巨匠となる「蘭光生」名義で著した記念すべき初の著書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 猿ぐつわ
  • 浣腸
  • 切腹

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 SM博物館
著作者等 蘭 光生
書名ヨミ SM ハクブツカン
書名別名 SM hakubutsukan
シリーズ名 河出i文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2008.8
ページ数 401p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-48173-9
全国書誌番号
21462832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想