ミカドの国の記号論

猪瀬直樹 著

無意識のうちに日本人が選びとっている「通俗のかたち」を記号論的に解きあかした必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 記号化された通俗構造
  • 第1部 天皇と記号-ミカドの祝祭空間
  • 第2部 日本人と記号-記号化された心的空間
  • 第3部 大衆文化と記号-集合的無意識の画一空間
  • エピローグ 通俗的言説の陥穽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミカドの国の記号論
著作者等 猪瀬 直樹
書名ヨミ ミカド ノ クニ ノ キゴウロン
書名別名 Mikado no kuni no kigoron
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1996.3
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 4309472923
NCID BN14216987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96050379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想