性愛論 : 対話篇

上野千鶴子 著

性愛をめぐる女の性に関する神話も、男の性に関する神話もほぼ解体された今、身体とセクシュアリティは「本能」と「自然」から切り離され、歴史と文化の対象となった。「関係の技術」としての性愛、「他者とつながりたい欲望」としての性愛をいかなる言葉で語るべきか。近世から近代、戦後から現代、そして近未来まで、六人の知性と語りつくした性愛をめぐる対話篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遊女と地女-江戸の性愛考(田中優子)
  • 女と文明-女性と家族の地殻変動論(梅棹忠夫)
  • 性の境界領域へ-現代の病理とナルシシズム(木村敏)
  • 男を捨てよう-日本の女と男はどこへ行くのか(石川好)
  • 性愛のディスクール-受動性の快楽の行方(植島啓司)
  • 見果てぬ夢-対幻想をめぐって(森崎和江)
  • メタ・ディスクール=性愛論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性愛論 : 対話篇
著作者等 上野 千鶴子
書名ヨミ セイアイロン
書名別名 Seiairon
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1994.4
ページ数 271p
大きさ 15cm
ISBN 4309472648
NCID BN10861717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94040987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想