澁澤龍彦西欧文芸批評集成

澁澤龍彦 著

挫折と不遇に消え去る運命にありながら、俗物主義と楽天的な進歩思想に対して嫌悪と反感を抱き、神秘や驚異の反社会的幻想を作品にした過激な「小ロマン派」たちや「呪われた詩人」たちをはじめ、十九世紀フランスを中心に、幻想、暗黒、怪奇、エロスなど各分野を、もうひとつの文学系譜として紹介した珠玉のエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「世界文学集成」24巻試案
  • 幻想文学
  • 暗黒文学・怪奇文学
  • 悪魔のいる文学
  • 異端文学
  • 童話
  • エロティック文学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 澁澤龍彦西欧文芸批評集成
著作者等 渋沢 竜彦
澁澤 龍彦
書名ヨミ シブサワ タツヒコ セイオウ ブンゲイ ヒヒョウ シュウセイ
書名別名 Shibusawa tatsuhiko seio bungei hihyo shusei
シリーズ名 河出文庫 し1-61
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.1
ページ数 333p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41062-3
NCID BB04413240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21880111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想