澁澤龍彦西欧作家論集成  上

澁澤龍彦 著

西欧の作家に関する澁澤のさまざまなエッセイを一堂に集め、生年順に並べて総覧にした文庫オリジナル集成。ギリシア神話・悲劇から始まって、シェイクスピア、ペローの童話、ゲーテ、バルザック、ペトリュス・ボレル、ネルヴァル、ポオ、そして世紀末デカダンス小説として澁澤がこよなく愛したユイスマンスの『さかしま』、最後にビアズレーの『美神の館』を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イカロス・コンプレックス(一頁時評)
  • プロゼルピーナの地獄について
  • エウリピデスと『メディア』について
  • 愛の饗宴-ギリシア神話より
  • 怪物をつくる職人(マルジナリア)
  • アポロとウェヌス
  • シェイクスピアと魔術
  • キャリバンの正体(マルジナリア)
  • 『マクベス』と妖術について
  • シャルル・ペロー『長靴をはいた猫』あとがき〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 澁澤龍彦西欧作家論集成
著作者等 渋沢 竜彦
澁澤 龍彦
書名ヨミ シブサワ タツヒコ セイオウ サッカ ロン シュウセイ
書名別名 Shibusawa tatsuhiko seio sakka ron shusei
シリーズ名 河出文庫 し1-59
巻冊次
出版元 河出書房新社
刊行年月 2010.8
ページ数 357p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41033-3
NCID BB02996545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想