澁澤龍彦映画論集成

澁澤龍彦 著

怪奇・恐怖映画から悪やエロスまで、映画ほど澁澤の強い個性を象徴するものはない。『スクリーンの夢魔』から三十余年、大幅に増補して、生前に発表したすべての映画論・映画評を集大成したのが本書である。ブニュエル、パゾリーニ、フェリーニ、ベルイマン…そして女優カトリーヌ・ドヌーヴ、六〇年代から八〇年代のこの映画論エッセイの中には澁澤の精神世界が潜んでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 怪奇と恐怖
  • 第2章 エロスと悪
  • 第3章 モンローとドヌーヴ
  • 第4章 精神分析と深層心理
  • 第5章 SFと巨匠
  • 第6章 日本映画

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 澁澤龍彦映画論集成
著作者等 渋沢 竜彦
澁澤 龍彦
書名ヨミ シブサワ タツヒコ エイガロン シュウセイ
書名別名 Shibusawa tatsuhiko eigaron shusei
シリーズ名 河出文庫 し1-53
出版元 河出書房新社
刊行年月 2009.5
ページ数 266p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-40958-0
NCID BA90116913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21710684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想