都市のドラマトゥルギー : 東京・盛り場の社会史

吉見俊哉 著

盛り場を「出来事」として捉える独自の手法によって都市論の可能性を押し広げ、近年の文化研究にも影響を与え続けている新しき古典。「浅草」から「銀座」へ、「新宿」から「渋谷」へ-東京における盛り場の変遷を軸に、そこに群れ集う人々がドラマを織りなす劇場としての都市のダイナミズムを活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 盛り場へのアプローチ
  • 1章 盛り場研究の系譜
  • 2章 博覧会と盛り場の明治
  • 3章 盛り場の一九二〇年代
  • 4章 盛り場の一九七〇年代
  • 結章 近代化日本と盛り場の上演

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市のドラマトゥルギー : 東京・盛り場の社会史
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ トシ ノ ドラマトゥルギー : トウキョウ サカリバ ノ シャカイシ
書名別名 Toshi no doramaturugi
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2008.12
ページ数 423p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-40937-5
NCID BA88332803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21528365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想