ナンセンス感覚

柳瀬尚紀 著

キャロル、リア、デュシャン、ケージ…偉大な先達に学ぶナンセンス感覚。しかし本書は、ナンセンス文学について生真面目に書き綴った常識的解説書ではない。駄洒落、パロディ、当て字、鏡像的対話、ゼロ手詰め将棋-奇想天外な仕掛けと変幻自在の言語を武器に、一冊丸ごとナンセンスを演じてみせた薄乱狂気の実験工房なのだ。常識以上に異常に醸志気を!センスの本質に迫るナンセンスの実践学-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 脱センスるナンセンス
  • 第2章 ヒッ常識!
  • 第3章 ナンセンス詩人の発想
  • 第4章 快逆ナンセンス
  • 第5章 鏡異の過画見をのぞくと…
  • 第6章 意味テーションから難船ス
  • 第7章 「ん」!?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナンセンス感覚
著作者等 柳瀬 尚紀
書名ヨミ ナンセンス カンカク
書名別名 Nansensu kankaku
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1998.6
ページ数 187p
大きさ 15cm
ISBN 430940541X
NCID BA36541006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想