革命的半ズボン主義宣言

橋本治 著

「今、日本に幽霊が徘徊している。どうせ徘徊するんなら半ズボンの方がいい」という宣言にはじまり、「来年の夏はみんなで半ズボンを穿かない?」という不思議なアジテートをめぐって、半ズボンを穿くことの正当性をしなやかな論理が獲得して行く、痛快無比のロング・エッセイ。戦後=近代、男と女、マスコミ、都市、日本的心性、江戸…膨大な問題がたった一行に集約される不思議な本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 混沌篇-とりとめもなく現在は流れる。
  • 第2部 挑戦篇-ねェ、来年の夏はみんなで半ズボンを穿かない?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 革命的半ズボン主義宣言
著作者等 橋本 治
書名ヨミ カクメイテキ ハンズボン シュギ センゲン
書名別名 Kakumeiteki hanzubon shugi sengen
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1991.1
ページ数 257p
大きさ 15cm
ISBN 4309402976
NCID BN06439862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91021384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想