エロスの解剖

渋沢竜彦 著

ヨーロッパで使用された姦通防止用の奇妙な道具<貞操帯>に関するさまざまなエピソードを収集した「女神の帯について」。乳房に関する男性のエロティックな趣味の変化から、男性の<乳房コンプレックス>を考察する「乳房について」。ポルノグラフィーについてその豊かな知識を披露する「エロティック図書館めぐり」など16篇を収録した。エロティシズムをめぐるエッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 女神の帯について
  • オルガスムについて
  • 性とは何か
  • コンプレックスについて
  • 近親相姦について
  • 愛の詩について
  • 優雅な屍体について
  • サド=マゾヒズムについて
  • ホモ・ビオロギグス
  • オナンの末裔たち
  • 乳房について
  • ドン・ジュアンの顔
  • エロティック図書館めぐり
  • ピエール・アンジエリック『エドワルダ夫人』について
  • 玩具考
  • マンドラゴラについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エロスの解剖
著作者等 渋沢 竜彦
書名ヨミ エロス ノ カイボウ
書名別名 Erosu no kaibo
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1991.1
ページ数 221p
大きさ 15cm
ISBN 4309402771
NCID BN06935423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91065308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想