華やかな食物誌

渋沢竜彦 著

美食家の中にはたんに食欲が肥大し、味覚が鋭敏になっただけでなく、美味なものを食べたいという欲望を上まわる妄想や衝動に憑られた人たちがいる。表題作「華やかな食物誌」は、古代ローマやフランスの宮廷の豪華なる食卓へと読者をいざないながら、そういった美食に憑かれた奇人たちのさまざまな奇行や妄想を物語る。表題作他絵画や寺院などに関する18篇のエッセイを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 華やかな食物誌
  • フランスの宮廷と美食家たち
  • クレオパトラとデ・ゼッサント
  • ヴィーナス、処女にして娼婦
  • ベルギー象徴派の画家たち
  • アタナシウス・キルヒャーについて-略伝と驚異博物館
  • シュヴァルと理想の宮殿
  • ダリの宝石
  • 建長寺あれこれ
  • 蕭白推賞
  • 絵巻に見る中世
  • 土方巽について
  • みずからを売らず-秋吉巒について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 華やかな食物誌
著作者等 渋沢 竜彦
書名ヨミ ハナヤカナ ショクモツシ
書名別名 Hanayakana shokumotsushi
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1989.9
ページ数 228p
大きさ 15cm
ISBN 430940247X
NCID BN09062760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89058581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想