渋沢竜彦考

巌谷国士 著

故・渋沢龍彦の若き朋友であり、仏文学者・批評家として共通の領域にかかわってきた著者が、鋭い分析と観察によって明らかにする作家の本質とその変貌-そして<航海>。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 渋沢さん-回想記
  • 「旅」のはじまり
  • 『サド復活』のころ
  • ある「偏愛的作家」について
  • 既知との遭遇-美術エッセー
  • ユートピアの変貌
  • 望遠鏡をもった作家たち
  • 『神聖受胎』再読
  • ノスタルジア-1970年代
  • 城と牢獄
  • 晩年の小説をめぐって
  • 「庭」から「旅」へ
  • 渋沢龍彦と「反時代」
  • 渋沢龍彦とシュルレアリスム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渋沢竜彦考
著作者等 巌谷 国士
書名ヨミ シブサワ タツヒコ コウ
書名別名 Shibusawa tatsuhiko ko
出版元 河出書房新社
刊行年月 1990.2
ページ数 241, 8p
大きさ 21cm
ISBN 4309006051
NCID BN04445955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90024017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想