異議申し立てとしての文学 : モーリス・ブランショにおける孤独、友愛、共同性

西山雄二 著

モーリス・ブランショ-この類まれな作家はいかにして、文学の経験がもたらす非人称的な零度を孤独、友愛、共同性という重層的な仕方で変奏し、文学、思想、政治の諸領域を徹底的に生き抜いたのか。誰のものでもない公共の地平を開く、いかなる権威にも服さない異議申し立ての力。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 孤独
  • 第2部 友愛(ジョルジュ・バタイユにおける遺棄された者の共犯的友愛
  • 異議申し立ての原理-共同体の不可能性という試練
  • 未知なる者への相互性なき友愛-ブランショによるバタイユ追悼文
  • 政治と倫理の分節化の方へ-エマニュエル・レヴィナスの哲学との対話
  • 強制収容所の経験から残余する友愛と抵抗-ロベール・アンテルムの収容所文学)
  • 第3部 共同性(文学と革命の等根源的な力-三〇‐四〇年代のブランショにおける「革命」の問い
  • 生き延びを証言するブランショの自伝的物語『私の死の瞬間』
  • 抵抗の形象-ニヒリズムをめぐるアルベール・カミュとの対話
  • 拒絶と権利-アルジェリア戦争に抵抗する宣言の非人称的な力
  • 「明日、"五月"があった、破壊と構築のための無限の力が」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異議申し立てとしての文学 : モーリス・ブランショにおける孤独、友愛、共同性
著作者等 西山 雄二
書名ヨミ イギ モウシタテ ト シテノ ブンガク : モーリス ブランショ ニ オケル コドク ユウアイ キョウドウセイ
書名別名 La littérature comme contestation

Igi moshitate to shiteno bungaku
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2007.9
ページ数 366, 6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-275-00539-7
NCID BA83051647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21354156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想