現代物理学の歴史  2 (物性・生物・数理物理)

大系編集委員会 編

[目次]

  • 6 統計力学
  • 7 数理物理
  • 8 原子・分子
  • 9 固体物理
  • 10 低温物理・量子エレクトロニクス
  • 11 生物物理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代物理学の歴史
著作者等 大系編集委員会
書名ヨミ ゲンダイ ブツリガク ノ レキシ
書名別名 物性・生物・数理物理

Gendai butsurigaku no rekishi
シリーズ名 朝倉物理学大系 / 荒船次郎 ほか編 21
巻冊次 2 (物性・生物・数理物理)
出版元 朝倉書店
刊行年月 2004.5
ページ数 p433-939, 26p
大きさ 22cm
ISBN 4254136919
NCID BA67391586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20621456
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Anderson局在の研究 長岡洋介
Fermi面効果 近藤淳
ある流体物理屋の軌跡 今井功
タンパク質の自己集積化技術 永山國昭
フォトンファクトリー誕生のころ 高良和武
ボース-アインシュタイン凝縮 久我隆弘, 鳥井寿夫
マクロ系の数理物理学 田崎晴明
メゾスコピック 高柳英明
メゾスコピック系 川畑有郷
レーザー冷却された原子気体のボース-アインシュタイン凝縮 上田正仁
低温物理の50年 益田義賀
低温物理・量子エレクトロニクス
光物性研究50年史のある断面 豊沢豊
分子構造論 藤永茂
半導体の物理 植村泰忠
半導体素子研究の周辺 菊地誠
原子・分子
原子分子物理 高柳和夫
原子分子物理の将来 市川行和
固体物理
固体表面の物理と化学 村田好正
強磁場 三浦登
数理物理
新強誘電体の発見をめぐって 沢田正三
格子ソリトンの発見 戸田盛和
無限自由度系への代数的アプローチ 荒木不二洋
生命の分子物理的背景 和田昭允
生物物理
生物物理ヘのインパクト 飯塚哲太郎
相転移の数理と展望 鈴木増雄
磁性研究50年のあゆみ 芳田奎
結晶成長学の発展 砂川一郎
統計力学
統計力学におけるGreen関数 阿部龍蔵
線形応答理論の成立 中嶋貞雄
脳の物理学 松本元, 辻野広司
臨界点物理学とパラダイムの転換 川崎恭治
超伝導の研究 恒藤敏彦
超伝導研究の歩み 大塚泰一郎
超格子から量子細線・量子箱まで 榊裕之
量子エレクトロニクスの変遷 霜田光一
電子線ホログラフィーの発展 外村彰
非相対論的量子電気力学 廣島文生
非線形の物理 和達三樹
高分子物理学 土井正男
高温超伝導の展望 田中昭二
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想