国家なき日本

村上兵衛 著

日本、そして世界が大戦争へと向かっていく時代に精神形成期を迎え、戦争のさなかに「国家とは何ぞや」という命題にぶつかり、煩悶しながら戦場に赴かなければならなかった著者の世代の体験と思索を軸に、日本人への無限の思いをつづる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 桜の木の下で
  • 2 貧しさと名誉と
  • 3 日本軍隊の軌跡
  • 4 「国家」との遭遇
  • 5 天皇と軍旗と
  • 6 個人と戦争体験
  • 7 日露戦争と「軍旗山」
  • 8 「明治日本」と昭和の断層
  • 9 戦争を検証する五条件
  • 10 閉じられたままの「戦争体験」
  • 11 「偽りの国家」の清算
  • 12 あれは「間違った戦争」だったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家なき日本
著作者等 村上 兵衛
書名ヨミ コッカ ナキ ニホン
書名別名 Kokka naki nihon
シリーズ名 教養シリーズ
徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1998.11
ページ数 366p
大きさ 16cm
ISBN 4198910057
NCID BA43019795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99028346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想